• ホーム
  • ピルを飲みながら大豆イソフラボン摂取しても大丈夫?

ピルを飲みながら大豆イソフラボン摂取しても大丈夫?

薬をつまむ手

女性の月経の悩みを軽くしてくれるピルは、他にもお肌を整えてくれたり、避妊にもなります。
もう1つ女性の嬉しい成分として身近なのが大豆イソフラボンです。
こちらも女性らしい肌や体のラインにいてくれ、しかも植物性なので優しくて安心です。
化粧品の成分としても利用されている商品が多くみられるようになってきています。
しかし、ピルと大豆を一緒に飲み合わせていいのかはちょっと不安があります。
結果から言うと、あまり好ましいことではありません。
というのもピルの主成分は女性ホルモンです。
ホルモンの量をピルによってコントロールすることで、体に変化をもたらして月経をコントロールしています。
ですので、ホルモン量が少ない時から多くしていき、体を変化させています。
大豆イソフラボンも女性ホルモンに似た働きをする成分がたっぷり入っています。
体も女性ホルモンと同じと認識して反応してしまいます。
これが良い方向に行くときは美肌などのプラスに働きますが、ピルでコントロールしているところに予期しない大豆イソフラボンが入ってきてしまうと、体の中で女性ホルモンが過多状態になってしまいます。
これではピルの働きも正常ではなくなってしまいますし、逆に女性ホルモンも多すぎると乳がんや子宮がんの原因にもなってしまいます。
ただ、1回だけたまたまだったり、食事で豆製品を摂る程度の量では過多にはなりません。
あまりに大量だったり、長い期間にわたって飲み合わせると弊害が出てきますので注意が必要です。
ピルを飲むならイソフラボンのサプリメントなどは控えた方が無難です。
食事で納豆や豆腐など豆製品を摂る程度なら問題はありませんので、必要以上に気にすることはありません。

関連記事
人気記事一覧