思い耽ている女性

避妊だけではなく、PMSや生理痛、子宮内膜症の改善に利用されているピルですが、飲んではいけない人が居ます。
それは、女性ホルモンの影響による病気を抱えている人です。
ピルの中には女性ホルモンのエストロゲンが配合されているのですが、乳がんや子宮頸がんなどのエストロゲン依存性のがんにすでになっている人やその疑いがある人は症状が悪化してしまう可能性があるため飲むことができません。
また、エストロゲンは血液を固まりやすくする性質があります。
これは妊娠や出産時に出血した場合にすぐに出血を止める為なのですが、その作用によって血栓ができてしまう可能性があります。
できた血栓が剥がれて細い血管に詰まってしまった場合、肺の血管に詰まれば肺血栓、脳の血管に詰まれば脳梗塞、心臓の血管に詰まれば心筋梗塞といった命に関わる病気になってしまう可能性があります。
そのため、血栓に伴う症状がある人や、高血圧の人、血液を固まりやすくする作用がある煙草を1日15本以上吸っている人やホルモンの働きによって血液中の中性脂肪やコレステロールが増加してしまう40代以降の人はピルを飲むことは出来ません。
また赤ちゃんに影響が及んでしまう可能性があるため妊娠中の人、授乳中の人、手術を2週間以内に控えている人や4週間以内に行った人も服用できません。
その他にも大きな病気をしている場合には治療の妨げとなってしまう可能性があるため、医師の判断によりますが基本的には服用することができないと考えておいた方が良いでしょう。
肥満症の人や年齢が若くても高脂血症であるなど、ピルを飲むことができない人は他にもいます。
まずは医師に相談してみるようにしましょう。

記事一覧

ピルは妊娠を防ぐために女性が飲むものだというイメージがあります。 しかし用途はもっと幅広く、生理痛や...

薬をつまむ手

女性の月経の悩みを軽くしてくれるピルは、他にもお肌を整えてくれたり、避妊にもなります。 もう1つ女性...

笑顔の女性

男性とのお付き合いにおいて、子供を持つことを考えていない女性に取って、避妊はとても大切な問題ですが、...

笑う女性

女性のピル使用が一般化してきました。 ピルは女性が出来る避妊法の一つでもあり、生理不順なども整えてく...

薬を飲もうとする人

ピルは避妊目的だけではなく、月経困難症の緩和や美肌、さらに月経をどうしてもずらしたいときなどにも利用...